[ 地球流体電脳倶楽部 / セミナー一覧 / 惑星大気研究会]

惑星大気研究会 (WTK)

惑星大気研究会とは

惑星大気研究会 (WTK) は, 惑星大気科学に関するさまざまな話題を議論する場です. 研究会とビデオ会議システムを用いたオンラインセミナーを行っています.

研究会, オンラインセミナーに関するお問い合わせは, 惑星大気研究会運営グループ wtk-staff at gfd-dennou.org までお願いします.

次回研究会, オンラインセミナー, 関係研究集会予定

オンラインセミナー第 74 回 2015 年 7 月 9 日 (木) (13:00 - 14:00)

話題提供者
講演要旨

木星の雲対流は地球大気の場合と同様に, 平均的な大気構造の決定に重要な役 割を担っていると考えられている. しかし, 表面の厚い雲のために, 雲対流が 生じると考えられる高度領域の全てを観測することは困難であり, 木星大気に おける雲対流と平均的大気構造との関係については未だ明らかとなっていない. そこで我々は, H2O と NH3 の凝結および NH4SH 生成反応を考慮した数値流体 モデルを開発し, 雲の生成消滅が繰り返された結果として決まる統計的平衡状 態での大気構造を調べた. 得られた大きな特徴は, 間欠的に強い積雲がH2O凝結 高度から対流圏界面まで発達することである. このような積雲の発達に伴う鉛 直輸送によって, 平均的な凝結成分気体と雲の鉛直分布はこれまで受け入れら れてきた平衡熱力学計算の結果を元にした 3 層構造から大きく変化する. H2O と NH4SH の雲は NH3 凝結高度より上空にまで存在する一方で, NH3 と H2S 蒸 気はそれぞれの凝結高度ではなくH2O 凝結高度より減少を始める. 得られた NH3 蒸気の混合比の鉛直分布は, NH3 雲の雲底付近でNH3 蒸気の存在度が太陽 組成よりも小さいという点で, これまでの電波観測の結果と整合的であった.

接続機関 (予定)

研究会

現在企画中です.

その他

現在企画中です.

過去の研究会資料

過去の研究会, オンラインセミナーの情報, 及び講演資料を公開しています.

リンク


惑星大気研究会運営グループ / 地球流体電脳倶楽部 wtk-staff at gfd-dennou.org
Last Updated: 2013/02/20, Since: 2006/05/20