[ 地球流体電脳倶楽部 / セミナー一覧 / 惑星大気研究会]

惑星大気研究会 (WTK)

惑星大気研究会とは

惑星大気研究会 (WTK) は, 惑星大気科学に関するさまざまな話題を議論する場です. 研究会とビデオ会議システムを用いたオンラインセミナーを行っています.

研究会, オンラインセミナーに関するお問い合わせは, 惑星大気研究会運営グループ wtk-staff at gfd-dennou.org までお願いします.

次回研究会, オンラインセミナー, 関係研究集会予定

オンラインセミナー第 71 回 2015 年 1 月 27 日 (火) (18:30 - 20:00)

話題提供者
講演要旨

本発表では, 断続的に起こる火山噴火により, 古火星上に液体の水が存在できる 温暖湿潤な環境が実現する可能性を示唆した Halevy and Head (2014) のレビュー を行う.

クレーター年代学および地学的形状から, 約 38 億年前の火星は大量の水が存在 し, 温暖湿潤な気候であったと考えられている. このような気候を実現するメカ ニズムの一つとして, この頃活発であったとされる火山活動が重要な役割を果た したと考えられている. 火山ガスには H2O, CO2, SO2, H2S 等の温室効果ガス が多く含まれており, これらが火星を温暖湿潤な環境を導いた可能性がある (Johnson et al., 2008). その一方で, 硫酸エアロゾルによる冷却効果を考慮 した場合, 融解温度を超えないという指摘 (Tian et al., 2010) もあり, 未だ に火星の温暖湿潤な気候を説明する明確なシナリオはない.

そこで Halevy and Head (2014) では, 大規模な噴火が断続的に起きた場合, 大気にどのような影響を与えるかを調べた. 彼らの計算によると, 硫酸エアロ ゾルによる冷却効果を考慮したとしても, 低緯度の日最高温度が水の融解温度 を超える可能性があることがわかった. 彼らは断続的な火山活動により, 温暖 湿潤な環境が数十年〜数百年の間実現可能になったと結論づけている.

接続機関 (予定)
北大, 神戸大

研究会

現在企画中です.

その他

現在企画中です.

過去の研究会資料

過去の研究会, オンラインセミナーの情報, 及び講演資料を公開しています.

リンク


惑星大気研究会運営グループ / 地球流体電脳倶楽部 wtk-staff at gfd-dennou.org
Last Updated: 2013/02/20, Since: 2006/05/20