地球流体電脳倶楽部

/GFD_Dennou_Club/ ftp/ arch/ numexp/ spshallow-zd_bench/ old/ shallow-zd_bench/

htm

浅水系(2 次元球面, 渦度発散型) : ベンチマーク Fortran90 サンプルプログラム計算結果
小高正嗣 (2005/05/16)
[目次は ./index.htm.ja]


要約

Makefile
index.htm 作成用 Makefile
小高正嗣 (2005/05/16)
T042_uv/
ベンチマーク計算 T42 計算結果置場
小高正嗣 (2005/05/16)
T042_uvcos/
ベンチマーク計算 T42 計算結果置場
小高正嗣 (2005/06/21)
Ucosφ, Vcosφ を導入した場合の計算結果.
index.htm
index.htm (日本語版)
小高正嗣 (2005/05/16)
[直接編集しないこと. index.rd から rd2 を用いて自動生成する.]
index.htm.en
index.htm (英語版)
小高正嗣 (2005/05/16)
[直接編集しないこと. index.rd から rd2 を用いて自動生成する.]
index.rd
index.htm 作成用 rd ファイル
小高正嗣 (2005/05/16)
[index.htm.ja と index.htm.en は このファイルから rd2 を用いて自動生成する.]
src_uv/
ベンチマーク計算 ソースコード置場
小高正嗣 (2005/06/24)
速度場を u, v で計算するコード
[../f90/ 以下のソースの旧バージョン]
src_uvcos/
ベンチマーク計算 ソースコード置場
小高正嗣 (2005/06/24)
速度場を U=ucosφ, V=vcosφ で計算するコード.
[最新版は ../f90/ にある. ]

詳細

Makefile
index.htm 作成用 Makefile
小高正嗣 (2005/05/16)
T042_uv/
ベンチマーク計算 T42 計算結果置場
小高正嗣 (2005/05/16)
T042_uv/bench01a/
ケース1: 極を越える cos 型の山の移流 (α=0)
小高正嗣 (2005/05/16)
[目次は ./index.htm ]
T042_uv/bench01a/index.htm
SPMODEL 球面浅水モデルを用いた Williamson et al. (1992) のテスト: ケース 1: 極を越える cos 型の山の移流
小高 正嗣 (2005/05/16 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uv/bench01b/
ケース1: 極を越える cos 型の山の移流 (α=0.05)
小高正嗣 (2005/05/16)
[目次は ./index.htm ]
T042_uv/bench01b/index.htm
dcmodel-thum : 実験結果サムネイル簡易作成スクリプト
小高 正嗣 (2005/05/16 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uv/bench01c/
ケース1: 極を越える cos 型の山の移流 (α=π/2-0.05)
小高正嗣 (2005/05/16)
[目次は ./index.htm ]
T042_uv/bench01c/index.htm
dcmodel-thum : 実験結果サムネイル簡易作成スクリプト
小高 正嗣 (2005/05/16 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uv/bench01d/
ケース1: 極を越える cos 型の山の移流 (α=π/2)
小高正嗣 (2005/05/16)
[目次は ./index.htm ]
T042_uv/bench01d/index.htm
dcmodel-thum : 実験結果サムネイル簡易作成スクリプト
小高 正嗣 (2005/05/16 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uv/bench02a/
ケース 2: 定常な非線形帯状地衡流 (α=0)
小高正嗣 (2005/05/16)
[目次は ./index.htm ]
T042_uv/bench02a/index.htm
ケース 2: 定常な非線形帯状地衡流 (α=0)
小高 正嗣 (2005/06/24 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uv/bench02b/
ケース 2: 定常な非線形帯状地衡流 (α=0.05)
小高正嗣 (2005/05/16)
[目次は ./index.htm ]
T042_uv/bench02b/index.htm
ケース 2: 定常な非線形帯状地衡流 (α=0.05)
小高 正嗣 (2005/06/24 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uv/bench02c/
ケース 2: 定常な非線形帯状地衡流 (α=π/2-0.05)
小高正嗣 (2005/05/16)
[目次は ./index.htm ]
T042_uv/bench02c/index.htm
ケース 2: 定常な非線形帯状地衡流 (α=π/2-0.05)
小高 正嗣 (2005/06/24 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uv/bench02d/
ケース 2: 定常な非線形帯状地衡流 (α=π/2)
小高正嗣 (2005/05/16)
[目次は ./index.htm ]
T042_uv/bench02d/index.htm
ケース 2: 定常な非線形帯状地衡流 (α=π)
小高 正嗣 (2005/06/24 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uv/bench03a/
ケース 3: 局在した非線形帯状地衡流 (α=0)
小高正嗣 (2005/05/16)
[目次は ./index.htm ]
T042_uv/bench03a/index.htm
ケース 3: 局在した非線形帯状地衡流 (α=0)
小高 正嗣 (2005/05/16 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uv/bench03b/
ケース 3: 局在した非線形帯状地衡流 (α=π/3)
小高正嗣 (2005/05/16)
[目次は ./index.htm ]
T042_uv/bench04a/
ケース 4: 局在した非線形帯状地衡流 (U = 20 m/sec)
小高正嗣 (2005/05/16)
[目次は ./index.htm ]
T042_uv/bench04a/index.htm
ケース 4: 移動する低気圧を持つ強制された流れ
小高 正嗣 (2005/05/16 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uv/bench04b/
ケース 4: 局在した非線形帯状地衡流 (U = 40 m/sec)
小高正嗣 (2005/05/16)
[目次は ./index.htm ]
T042_uv/bench04b/index.htm
dcmodel-thum : 実験結果サムネイル簡易作成スクリプト
小高 正嗣 (2005/05/16 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uv/bench05/
ケース 5: 孤立した山を越える帯状流
小高正嗣 (2005/05/16)
[目次は ./index.htm ]
T042_uv/bench05/index.htm
ケース 5: 孤立した山を越える帯状流
小高 正嗣 (2005/05/16 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uv/bench06/
ケース 6: ロスビー・ハウルヴィッツ波
小高正嗣 (2005/05/16)
[目次は ./index.htm ]
T042_uv/bench06/index.htm
ケース 6: ロスビー・ハウルヴィッツ波
小高 正嗣 (2005/05/16 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uvcos/
ベンチマーク計算 T42 計算結果置場
小高正嗣 (2005/06/21)
Ucosφ, Vcosφ を導入した場合の計算結果.
T042_uvcos/bench01a/
ケース1: 極を越える cos 型の山の移流 (α=0)
小高正嗣 (2005/06/30)
Ucosφ, Vcosφ を用いた場合
[目次は ./index.htm ]
T042_uvcos/bench01a/index.htm
SPMODEL 球面浅水モデルを用いた Williamson et al. (1992) のテスト: ケース 1: 極を越える cos 型の山の移流
小高 正嗣 (2005/06/30 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uvcos/bench01b/
ケース1: 極を越える cos 型の山の移流 (α=0.05)
小高正嗣 (2005/06/30)
Ucosφ, Vcosφ を用いた場合
[目次は ./index.htm ]
T042_uvcos/bench01b/index.htm
dcmodel-thum : 実験結果サムネイル簡易作成スクリプト
小高 正嗣 (2005/06/30 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uvcos/bench01c/
ケース1: 極を越える cos 型の山の移流 (α=π/2-0.05)
小高正嗣 (2005/06/30)
Ucosφ, Vcosφ を用いた場合
[目次は ./index.htm ]
T042_uvcos/bench01c/index.htm
dcmodel-thum : 実験結果サムネイル簡易作成スクリプト
小高 正嗣 (2005/06/30 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uvcos/bench01d/
ケース1: 極を越える cos 型の山の移流 (α=π/2)
小高正嗣 (2005/06/30)
Ucosφ, Vcosφ を用いた場合
[目次は ./index.htm ]
T042_uvcos/bench01d/index.htm
dcmodel-thum : 実験結果サムネイル簡易作成スクリプト
小高 正嗣 (2005/06/30 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uvcos/bench02a/
ケース 2: 定常な非線形帯状地衡流 (α=0)
小高正嗣 (2005/06/30)
Ucosφ, Vcosφ を用いた場合
[目次は ./index.htm ]
T042_uvcos/bench02a/index.htm
ケース 2: 定常な非線形帯状地衡流 (α=0)
小高 正嗣 (2005/06/30 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uvcos/bench02b/
ケース 2: 定常な非線形帯状地衡流 (α=0.05)
小高正嗣 (2005/06/30)
Ucosφ, Vcosφ を用いた場合
[目次は ./index.htm ]
T042_uvcos/bench02b/index.htm
ケース 2: 定常な非線形帯状地衡流 (α=0)
小高 正嗣 (2005/06/30 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uvcos/bench02c/
ケース 2: 定常な非線形帯状地衡流 (α=π/2-0.05)
小高正嗣 (2005/06/30)
Ucosφ, Vcosφ を用いた場合
[目次は ./index.htm ]
T042_uvcos/bench02c/index.htm
ケース 2: 定常な非線形帯状地衡流 (α=π/2-0.05)
小高 正嗣 (2005/06/30 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uvcos/bench02d/
ケース 2: 定常な非線形帯状地衡流 (α=π/2)
小高正嗣 (2005/06/30)
Ucosφ, Vcosφ を用いた場合
[目次は ./index.htm ]
T042_uvcos/bench02d/index.htm
ケース 2: 定常な非線形帯状地衡流 (α=π)
小高 正嗣 (2005/06/30 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uvcos/bench03a/
ケース 3: 局在した非線形帯状地衡流 (α=0)
小高正嗣 (2005/06/30)
Ucosφ, Vcosφ を用いた場合
[目次は ./index.htm ]
T042_uvcos/bench03a/index.htm
ケース 3: 局在した非線形帯状地衡流 (α=0)
小高 正嗣 (2005/06/30 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uvcos/bench03b/
ケース 3: 局在した非線形帯状地衡流 (α=π/3)
小高正嗣 (2005/06/30)
Ucosφ, Vcosφ を用いた場合
[目次は ./index.htm ]
T042_uvcos/bench04a/
ケース 4: 局在した非線形帯状地衡流 (U = 20 m/sec)
小高正嗣 (2005/06/30)
Ucosφ, Vcosφ を用いた場合
[目次は ./index.htm ]
T042_uvcos/bench04a/index.htm
ケース 4: 移動する低気圧を持つ強制された流れ
小高 正嗣 (2005/06/30 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uvcos/bench04b/
ケース 4: 局在した非線形帯状地衡流 (U = 40 m/sec)
小高正嗣 (2005/06/30)
Ucosφ, Vcosφ を用いた場合
[目次は ./index.htm ]
T042_uvcos/bench04b/index.htm
dcmodel-thum : 実験結果サムネイル簡易作成スクリプト
小高 正嗣 (2005/06/30 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uvcos/bench05/
ケース 5: 孤立した山を越える帯状流
小高正嗣 (2005/06/30)
Ucosφ, Vcosφ を用いた場合
[目次は ./index.htm ]
T042_uvcos/bench05/index.htm
ケース 5: 孤立した山を越える帯状流
小高 正嗣 (2005/06/30 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
T042_uvcos/bench06/
ケース 6: ロスビー・ハウルヴィッツ波
小高正嗣 (2005/06/30)
Ucosφ, Vcosφ を用いた場合
[目次は ./index.htm ]
T042_uvcos/bench06/index.htm
ケース 6: ロスビー・ハウルヴィッツ波
小高 正嗣 (2005/06/30 自動生成)
src/dcmodel-thum-make.rbsrc/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
index.htm
index.htm (日本語版)
小高正嗣 (2005/05/16)
[直接編集しないこと. index.rd から rd2 を用いて自動生成する.]
index.htm.en
index.htm (英語版)
小高正嗣 (2005/05/16)
[直接編集しないこと. index.rd から rd2 を用いて自動生成する.]
index.rd
index.htm 作成用 rd ファイル
小高正嗣 (2005/05/16)
[index.htm.ja と index.htm.en は このファイルから rd2 を用いて自動生成する.]
src_uv/
ベンチマーク計算 ソースコード置場
小高正嗣 (2005/06/24)
速度場を u, v で計算するコード
[../f90/ 以下のソースの旧バージョン]
src_uv/Makefile
コンパイル用 Makefile
小高正嗣 (2005/05/13)
src_uv/shallow_zd_bench01.f90
SPMODEL サンプルプログラム : 2 次元回転球面浅水方程式(渦度発散型)ベンチマーク実験 case 1
小高正嗣 (2005/05/15)
時間差分は leapfrog スキーム + Asselin フィルタを用いて計算.
src_uv/shallow_zd_bench02.f90
SPMODEL サンプルプログラム : 2 次元回転球面浅水方程式(渦度発散型)ベンチマーク実験 case 2
小高正嗣 (2005/05/15)
時間差分は leapfrog スキーム + Asselin フィルタを用いて計算.
src_uv/shallow_zd_bench03.f90
SPMODEL サンプルプログラム : 2 次元回転球面浅水方程式(渦度発散型)ベンチマーク実験 case 3
小高正嗣 (2005/05/15)
時間差分は leapfrog スキーム + Asselin フィルタを用いて計算.
src_uv/shallow_zd_bench04.f90
SPMODEL サンプルプログラム : 2 次元回転球面浅水方程式(渦度発散型)ベンチマーク実験 case 4
小高正嗣 (2005/05/16)
時間差分は leapfrog スキーム + Asselin フィルタを用いて計算.
src_uv/shallow_zd_bench05.f90
SPMODEL サンプルプログラム : 2 次元回転球面浅水方程式(渦度発散型)ベンチマーク実験 case 5
小高正嗣 (2005/05/16)
時間差分は leapfrog スキーム + Asselin フィルタを用いて計算.
src_uv/shallow_zd_bench06.f90
SPMODEL サンプルプログラム : 2 次元回転球面浅水方程式(渦度発散型)ベンチマーク実験 case 5
小高正嗣 (2005/05/16)
時間差分は leapfrog スキーム + Asselin フィルタを用いて計算.
src_uv/shallow_zd_init.f90
SPMODEL 初期値生成プログラム : 2 次元回転球面浅水方程式(渦度発散型)
小高正嗣 (2005/05/15)
Williamson et al. (1992) の test case 1 -- 6
src_uvcos/
ベンチマーク計算 ソースコード置場
小高正嗣 (2005/06/24)
速度場を U=ucosφ, V=vcosφ で計算するコード.
[最新版は ../f90/ にある. ]
src_uvcos/shallow_zd_bench01.f90
SPMODEL サンプルプログラム : 2 次元回転球面浅水方程式(渦度発散型)ベンチマーク実験 case 1
小高正嗣 (2005/05/15)
時間差分は leapfrog スキーム + Asselin フィルタを用いて計算.
src_uvcos/shallow_zd_bench02.f90
SPMODEL サンプルプログラム : 2 次元回転球面浅水方程式(渦度発散型)ベンチマーク実験 case 2
小高正嗣 (2005/05/15)
時間差分は leapfrog スキーム + Asselin フィルタを用いて計算.
src_uvcos/shallow_zd_bench03.f90
SPMODEL サンプルプログラム : 2 次元回転球面浅水方程式(渦度発散型)ベンチマーク実験 case 3
小高正嗣 (2005/05/15)
時間差分は leapfrog スキーム + Asselin フィルタを用いて計算.
src_uvcos/shallow_zd_bench04.f90
SPMODEL サンプルプログラム : 2 次元回転球面浅水方程式(渦度発散型)ベンチマーク実験 case 4
小高正嗣 (2005/05/16)
時間差分は leapfrog スキーム + Asselin フィルタを用いて計算.
src_uvcos/shallow_zd_bench05.f90
SPMODEL サンプルプログラム : 2 次元回転球面浅水方程式(渦度発散型)ベンチマーク実験 case 5
小高正嗣 (2005/05/16)
時間差分は leapfrog スキーム + Asselin フィルタを用いて計算.
src_uvcos/shallow_zd_bench06.f90
SPMODEL サンプルプログラム : 2 次元回転球面浅水方程式(渦度発散型)ベンチマーク実験 case 6
小高 正嗣 (2005/06/30 )
時間差分は leapfrog スキーム + Asselin フィルタを用いて計算.
src_uvcos/shallow_zd_init.f90
SPMODEL 初期値生成プログラム : 2 次元回転球面浅水方程式(渦度発散型)
小高正嗣 (2005/05/15)
Williamson et al. (1992) の test case 1 -- 6

last update: 2021/05/08 10:13:03
this page is generated with mksigen