Publications

  • Noda, S., K. Kodera, Y. Adachi, M. Deushi, A. Kitoh, R. Mizuta, S. Murakami, K. Yoshida, and S. Yoden (2017), Impact of interactive chemistry of stratospheric ozone on Southern Hemisphere paleoclimate simulation, J. Geophys. Res. Atmos. 122, 2, 878--895, doi: 10.1002/2016JD025508.
  • Noda, S., M. Ishiwatari, K. Nakajima, Y. O. Takahashi, S. Takehiro, M. Onishi, G. L. Hashimoto, K. Kuramoto, and Y.-Y. Hayashi (2017), The circulation pattern and day-night heat transport in the atmosphere of a synchronously rotating aquaplanet: Dependence on planetary rotation rate, Icarus 282, 1--18, doi: 10.1016/j.icarus.2016.09.004.
  • 納多哲史、馬場昭典、小松崎民樹 (2006), 水の場としての集団運動と生体分子の構造転移ダイナミックス, 物性研究, 物性研究刊行会, 86, 123--129.

Presentations

Oral

  • S. Noda, 2016: Impact of interactive chemistry of stratospheric ozone on southern hemisphere paleoclimate simulation, The 5th KU-NTU Atmospheric Science Students/Young Scientists Exchange Program in 2016, 11-12 November, 2016, Kyoto University, Kyoto, Japan.
  • Ishiwatari, M., S. Noda, K. Nakajima, Y.O. Takahashi, S. Takehiro, and Y.-Y. Hayashi 2016: A Numerical Experiment on Occurrence Condition of the Runaway Greenhouse State With an Atmospheric General Circulation Model, AOGS 2016, PS12-A007, China National Convention Centre, Beijing, China, 31 July -- 5 August, 2016.
  • Yoden, S., H.-H. Bui, E. Nishimoto, S. Noda, and S. Daikai, 2016: Stratosphere-Troposphere Dynamical Coupling in the Tropics - focusing on simulations of the QBO and its possible influence on tropical deep convection, SPARC DynVar Workshop & S-RIP Meeting, 6-10 June, 2016, Finnish Meteorological Institute, Helsinki, Finland.
  • S. Noda, R. Mizuta, M. Deushi, K. Kodera, K. Yoshida, A. Kitoh, S. Murakami, Y. Adachi, and S. Yoden, 2015: Impact of Stratospheric Ozone on Surface Climate in an Earth System Model: the Antarctic sea ice change in mid-Holocene, XIX INQUA 2015, P02-10, Nagoya, Japan, 26 July - 2 August, 2015.
  • S. Noda, R. Mizuta, M. Deushi, K. Kodera, K. Yoshida, A. Kitoh, S. Murakami, Y. Adachi, and S. Yoden, 2015: Impact of interactive ozone on climate reconstruction in an Earth system model: the case of Antarctica in mid-Holocene, IUGG 2015 General Assembly, IUGG-2314, Prague, Czech Republic, 22 June - 2 July, 2015.
  • S. Noda, R. Mizuta, M. Deushi, K. Kodera, K. Yoshida, A. Kitoh, S. Murakami, Y. Adachi, and S. Yoden, 2015: Impact of Stratospheric Ozone on Paleoclimate Reconstruction: mid-Holocene Experiment by Using a Earth System Model, Japan Geoscience Union Meeting 2015, PEM07-01, Makuhari, Chiba, Japan, 24-28 May, 2015 (invited).
  • S. Noda, R. Mizuta, M. Deushi, K. Kodera, K. Yoshida, A. Kitoh, S. Murakami, Y. Adachi, and S. Yoden, 2014: Impact of Interactive Ozone on Climate Reconstruction in an Earth System Model: the Case of Antarctica in mid-Holocene, 2014 American Geophysical Union fall meeting, PP24B-04, San Francisco, California, USA, 15-19 December, 2014.
  • S. Noda, M. Ishiwatari, K. Nakajima, Y. O. Takahashi, S. Nishizawa, M. Onishi, G. L. Hashimoto, K. Kuramoto, Y.-Y. Hayashi, 2013: A numerical study on atmospheric general circulations of synchronously rotating aqua-planets: Dependence on planetary rotation rate and Solar Constant, 44th Lunar and Planetary Science Conference, R452 Planetary Atmospheres: Exoplanets, 2562, Woodlands, Texas, USA, 18-22 March, 2013.
  • S. Noda, M. Ishiwatari, K. Nakajima, Y. O. Takahashi, Y. Morikawa, S. Nishizawa, and Y.-Y. Hayashi, 2012: Dependence of the atmospheric general circulation of synchronously rotating terrestrial planets on planetary rotation rate, General Assembly 2012 of EGU, EGU2012-9361, Vienna, Austria, 22-27 April, 2012.

Poster

  • S. Noda, R. Mizuta, M. Deushi, K. Kodera, K. Yoshida, A. Kitoh, S. Murakami, Y. Adachi, and S. Yoden, 2015: Impact of interactive ozone on climate simulation in an Earth system model: the case of Antarctica in mid-Holocene, The First Asian Conference on Meteorology, P-3-26, Kyoto University, Kyoto, Japan, October 26-27, 2015.
  • S. Noda, R. Mizuta, M. Deushi, K. Kodera, K. Yoshida, A. Kitoh, S. Murakami, Y. Adachi, and S. Yoden, 2015: Impact of Stratospheric Ozone Variations on the Paleoclimate Reconstruction of Mid-Holocene by using JMA-MRI Earth System Model, AOGS 12th Annual Meeting, AS13-D3-PM2-P-016, Singapore, 2-7 August, 2015.
  • S. Noda, R. Mizuta, M. Deushi, K. Kodera, K. Yoshida, A. Kitoh, S. Murakami, Y. Adachi, and S. Yoden, 2015: Impact of stratospheric ozone on surface climate in an Earth system model: the Antarctic sea ice change in mid-Holocene, IUGG 2015 General Assembly, M18p-518, Prague, Czech Republic, 22 June - 2 July, 2015.
  • S. Noda, R. Mizuta, M. Deushi, K. Kodera, K. Yoshida, A. Kitoh, S. Murakami, Y. Adachi, and S. Yoden, 2015: Impact of Interactive Ozone on Climate Reconstruction in an Earth System Model: the Case of Antarctica in mid-Holocene, 95th American Meteorological Society Annual Meeting (18th Conference on Middle Atmosphere), 278, Phoenix, Arizona, USA, 4–8 January, 2015.
  • S. Noda, R. Mizuta, M. Deushi, K. Kodera, K. Yoshida, A. Kitoh, S. Murakami, Y. Adachi, and S. Yoden, 2014: Impact of ozone on climate reconstruction in an earth system model: the case of Antarctica in mid-Holocene, KU-NTU Symposium 2014 Session K11: Natural Hazard and Global Change, P-1, Kyoto University, Kyoto, Japan, 1-2 September, 2014.
  • S. Noguchi, H. Mukougawa, Y. Kuroda, R. Mizuta, H. Naoe, S. Noda, S. Yabu, H. Yoshimura, Predictability of the Breakdown of the Stratospheric Polar Vortex: A Comparative Study of 2008/09 and 2009/10 Winters, RIMS International Conference on Theoretical Aspects of Variability and Predictability in Weather and Climate, October 2013, Kyoto, Japan.
  • K. Nakajima, S. Noda, M. Ishiwatari, Y. O. Takahashi, S.Takehiro, Y. Morikawa, S. Nishizawa, Y.-Y. Hayashi, "Atmospheric general circulations of synchronously rotating terrestrial planets: Dependence on planetary rotation rate", Comparative Climatology of Terrestrial Planets 2012, 8060, 25-28 June, 2012, Boulder Colorado, USA.
  • Noda, S., Ishiwatari, M., Nakajima, K., Takahashi, Y. O., Morikawa, Y., Nishizawa, S., Hayashi, Y.-Y., "The Atmospheric General Circulation of Synchronously Rotating Planets: Dependence on Planetary Rotation Rate", EPSC-DPS Joint Meeting 2011, P234, 2-7 October, 2011, Nantes, France.
  • Noda, S., Ishiwatari, M., Nakajima, K., Takahashi, Y. O., Morikawa, Y., Nishizawa, and S., Hayashi, Y.-Y., "The Atmospheric General Circulation of a Synchronously Rotating Planet and its Dependence on Rotation Rate", Eos Trans. AGU, 91(26), West. Pac. Geophys. Meet. Suppl., Abstract P31A-014.
  • Noda, S., Ishiwatari, M., Nakajima, K., Takahashi, Y. O., Morikawa, Y., Nishizawa, S., Hayashi, Y.-Y., "Numerical Experiments of Atmospheric General Circulations on a Synchronously Rotating Planet", CPS 6th International School of Planetary Sciences, P-18, 4-9 January, 2010, Kobe, Japan.
  • Noda, S., Baba, A., Komatsuzaki, T., "A Persistence of Long-Time Memory in Coarse-Grained Site-Velocity Field of Liquid Water", Discussion on "Theory and simulation of biomolecular nano-machines", P-17, December, 2006, Kobe, Japan.

Oral (Japanese)

  • 余田成夫, H.-H. Bui, 西本絵梨子, 納多哲史, 2016: 成層圏と対流圏をつなぐ極端気象変動, 京都大学アカデミックデイ2016 - みんなで対話する京都大学の日 -, 2016年9月18日, 京都大学百周年時計台記念館, 京都市.
  • 石渡正樹, 納多哲史, 中島健介, 高橋芳幸, 竹広真一, 林祥介, 2016: 暴走温室状態の発生条件に関する大気大循環モデル実験, 日本地球惑星科学連合 2016 年大会, PPS11-16, 2016 年 5 月 22-26 日, 幕張メッセ国際会議場, 千葉市.
  • 納多哲史 , 水田亮, 出牛真 , 小寺邦彦, 吉田康平 , 鬼頭昭雄, 村上茂教 , 足立恭将 , 余田成男, 「完新世中期における成層圏オゾンの地表への影響」, 惑星大気科学研究会, 2016 年 2 月 27-28 日 (28 日発表), アテーナ海月, 兵庫県淡路市.
  • 納多哲史, 水田亮, 出牛真, 小寺邦彦, 吉田康平, 鬼頭昭雄, 村上茂教, 足立恭将, 余田成男, 「地球システムモデルにおけるオゾンの取り扱いが古気候に与える影響: 完新世中期の南極」, 日本気象学会 2014 年度秋季大会, A301, 2014 年 10 月 21-23 日 (23 日発表), 福岡国際会議場, 福岡市.
  • 野口峻佑, 向川均, 黒田友二, 水田亮, 直江寛明, 納多哲史, 藪将吉, 吉村裕正, 「成層圏周極渦分裂現象の予測可能性: 2008/2009 年冬のアンサンブル再予報実験」, 『平成 25 年度防災研究所年次研究発表会』, 2014 年 2 月 28 日, 宇治, 京都府.
  • 野口峻佑, 向川均, 黒田友二, 水田亮, 納多哲史, 藪将吉, 吉村裕正, 「成層圏周極渦崩壊現象の予測可能性~2010 年1 月と2009 年1 月の比較解析~」, 『気象学会2013 年度秋季大会』, 2013 年 11 月 21 日, 仙台, 宮城県.
  • 野口峻佑, 向川均, 黒田友二, 水田亮, 直江寛明, 納多哲史, 藪将吉, 吉村裕正, 「成層圏周極渦分裂現象の予測可能性: 2009 年1 月のアンサンブル予報実験」, 『平成25 年度研究集会異常気象と気候システム変動のメカニズムと予測可能性』, 2013 年 10 月 21 日, 宇治, 京都府.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 竹広真一, 大西将徳, 西澤誠也, 林祥介, 「海洋に覆われた同期回転惑星の大気大循環」, 第 62 回理論応用力学講演会, (講演番号: OS06-03), 2013 年 3 月 6-8 日 (7 日発表), 東京工業大学大岡山キャンパス, 東京都.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星大気における熱収支の自転角速度依存性」, 系外惑星大気ワークショップ, 2012 年 3 月 15-17 日 (16 日発表), ニチイ学館, 神戸市.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星大気における熱収支の自転角速度依存性」, 日本気象学会 2011 年度秋季大会, D113, 2011 年 11 月 16-18 日 (16 日発表), 名古屋大学, 名古屋市.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星大気における熱収支の自転角速度依存性」, 日本惑星科学会 2011 年 秋季講演会, S32-05, 2011 年 10 月 23-25 日 (25 日発表), 相模女子大学, 相模原市.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星における大気大循環に関する数値実験: 太陽定数依存性」, 日本流体力学会年会 2011, 2011 年 9 月 7-9 日 (7 日発表) 首都大学東京南大沢キャンパス, 東京都. ながれ 30 巻別冊, P.129.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星における太陽定数増大実験」, 日本地球惑星科学連合 2011 年大会, PPS020-29, 2011 年 05 月 22-27 日 (24 日発表), 幕張メッセ 国際会議場, 千葉県.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星における暴走限界の自転角速度・日射分布依存性」, 日本気象学会 2011 年度春季大会, D106, 2011 年 05 月 18-21 日 (18 日発表), 国立オリンピック記念青少年総合センター, 東京都.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星における太陽定数増大実験」. 第 25 回大気圏シンポジウム, 2-1, 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部, 相模原市, 2011 年 02 月 21 日.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星における太陽定数増大実験」, 『日本気象学会 2010 年度秋季大会』, D311, 京都テルサ, 京都府, 2010 年 10 月 29 日.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星における太陽定数増大実験」, 『日本惑星科学会 2010 年秋季講演会』, 121, 名古屋大学野依記念学術交流館, 愛知県, 2010 年 10 月 06 日.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星の大気大循環とその自転角速度依存性」. 『日本気象学会 2010 年度春季大会』, 国立オリンピック記念青少年総合センター, 2010 年 05 月 26 日.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星の大気大循環とその自転角速度依存性」. 『日本地球惑星科学連合 2010 年大会』, 幕張メッセ 国際会議場, 2010 年 05 月 25 日.
  • 石渡正樹, 納多哲史, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星の大気大循環に関する数値実験」. 第8回 HSS ワークショップ, 北海道大学, 札幌市, 2010 年 3 月 11 日.
  • 納多哲史, 石渡正樹, 中島健介, 高橋芳幸, 森川靖大, 西澤誠也, 林祥介, 「同期回転惑星における大気大循環の数値実験」. 『第 24 回大気圏シンポジウム』, 6-5, 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部, 2010 年 02 月 19 日.
  • 石渡正樹, 高橋芳幸, 杉山耕一郎, 森川靖大, 納多哲史, 山下達也, 西澤誠也, 小高正嗣, 林祥介, 地球流体電脳倶楽部 dcmodel プロジェクト, 「系外惑星の気候探索をめざした数値モデルの開発」, 第6回太陽系外惑星大研究会, 国立天文台, 東京都三鷹市, 2010 年 1 月 18-20 日.
  • 納多哲史、馬場昭典、小松崎民樹, 「生体分子の構造変化における周囲の水の動態場に観測される流体力学的構造」、『日本物理学会2007年春季大会』、19pTC-3、鹿児島大学、2007年3月.
  • 納多哲史、馬場昭典、小松崎民樹, 「生体分子と粗視化した水の動的相互作用の抽出」, 『日本物理学会第61回年次大会』、27aTH-9、愛媛大学・松山大学、2006年3月.
  • 納多哲史、馬場昭典、小松崎民樹, 「粗視化された「水の場」を用いたポリアラニンの構造転移に伴う水の集団運動の解析」、『日本物理学会2005年秋季大会』、21pXG-6、同志社大学、2005年9月.
  • 納多哲史、馬場昭典、小松崎民樹, 「水の場としての集団運動と生体分子の構造転移ダイナミックス」、『第32回生体分子科学討論会』、14、神戸大学、2005年6月.

ポスター発表(日本語)

  • 納多哲史, 水田亮, 出牛真, 小寺邦彦, 吉田康平, 鬼頭昭雄, 村上茂教, 足立恭将, 余田成男, 「地球システムモデルにおけるオゾンの取り扱いが古気候に与える影響: 完新世中期の南極」, 日本第四紀学会 2014 年大会, P2-25, 2014 年 9 月 5-9 日 (8 日発表), 東京大学柏キャンパス, 千葉県柏市.
  • 納多哲史, 水田亮, 出牛真, 吉田康平, 鬼頭昭雄, 村上茂教, 足立恭将, 余田成男, 「地球システムモデルにおけるオゾンの取り扱いが6000 年前の気候再現に与える影響」, 『東京大学大気海洋研究所研究集会 2013 年度古海洋・古気候に関するシンポジウム』, 3, 2014 年 1 月 7-8 日 (7 日発表), 東京大学柏キャンパス, 千葉県.
  • S. Noda, M. Ishiwatari, K. Nakajima, Y. O. Takahashi, Y. Morikawa, S. Nishizawa, and Y.-Y. Hayashi, 2012: Dependence of the atmospheric general circulation of synchronously rotating terrestrial planets on planetary rotation rate, 第 8 回 太陽系外惑星大研究会, 2012 年 4 月 18-20 日 (18 日発表), 熱海 ニューフジヤホテル, 静岡県.
  • 納多哲史, 「同期回転惑星における大気大循環の数値実験」, 『第 1 回サイエンスフロンティア研究会』, P32, 神戸大学理学部, 兵庫県, 2010 年 10 月 30 日.
  • 納多哲史、馬場昭典、小松崎民樹, 「水の場としての集団運動と生体分子の構造転移ダイナミックス」、『第46回 生物物理若手の会夏の学校』、神戸、2006年7月 (ポスター賞受賞)
  • 納多哲史、馬場昭典、小松崎民樹, 「生体分子の構造転移に伴う近傍の「水の場」の協同的運動」、『日本生物物理学会第43回年会』、1P065、札幌、2005年11月
  • 納多哲史、馬場昭典、小松崎民樹、「水の場としての集団運動と生体分子の構造転移ダイナミックス」、『第 9 回理論化学討論会』、1P41、京都大学、2005年5月
  • 納多哲史、馬場昭典、小松崎民樹、「水の場としての集団運動と生体分子の構造転移ダイナミックス」、『研究会「複雑な多谷ポテンシャルエネルギー面上で生起する動力学諸問題 ─タンパク質とその周辺─」』、神戸大学、2005年3月