地球流体電脳倶楽部 deepconv プロジェクト


deepconv プロジェクトでは, 地球を含めた惑星大気への応用を想定した 雲解像モデルの開発を行っています.

deepconv (arare5) : 最新版

現在開発中の 2 次元/ 3 次元雲解像モデルです(開発コードネーム arare5). ソースコードは Fortran90 で記述されています.

deepconv (arare4)

2 次元/ 3 次元の雲解像モデルです (開発コードネーム arare4). ソースコードは Fortran90 で記述されています. deepconv (arare) は木星大気と火星大気の対流を念頭において開発が進んでいます.

deepconv (F77 版)

F77 版 deepconv は水平鉛直 2 次元の非弾性流体を計算するための数値モデルです. ソースコードは FORTRAN 77 で記述されています. F77 版 deepconv は地球大気の積雲対流計算のため中島健介により 1994 年に開発されました. その後 2000 年に小高正嗣によって火星大気版が作成されました. 公開はともに 2000 年です.

リンク

dcmodel プロジェクト
地球流体電脳倶楽部

開発者向け資料

DCmodel プロジェクト開発メモ
開発メモ [プロジェクト管理ページ]
開発者向けドキュメント
ディレクトリの管理方法, 資源の置き方などの開発者向けの手引です.
過去の資源
ディレクトリ一覧