地球流体データ解析・数値計算ワークショップ
(dcmodel/davis チュートリアル)

概要

  • 日程
    • 2019年3月27日(木) 地球流体電脳倶楽部ミーティング
    • 2019年3月28日(金) 地球流体データ解析・数値計算ワークショップ
    • 2019年3月29日(土) dcmodel/davis チュートリアル
  • 場所: 惑星科学研究センター, CPS

28 日のワークショップ, 29 日のチュートリアルについては, 参加申し込みをお願いします.

プログラム

3/27 地球流体電脳倶楽部ミーティング

  • 数値計算・データ解析にかかわる取り組みに関する報告・討論会です. 参加自由.
  • 時間:10:00 〜 18:00, その後自由討論
  • 報告・議論項目 (順番は入れ替わるかもしれません)
    • 各活動の進捗状況
      • dennou ruby 周辺現状報告・議論(堀之内, 他)
      • DCL 現状報告(乙部, 他)
      • dcmodel 現状報告(石渡, 佐々木, 杉山, 他)
      • binary packaging 現状(佐々木, 他)
    • ウェブページ整理
      • その他, 小ネタなど
      • ...

3/28 地球流体データ解析・数値計算ワークショップ

今回は「理研 R-CCS 複合系気候科学研究チーム」の方々をお招きして, SCALE - Scalable Computing for Advanced Library and Environment について, その概要から詳細までをじっくりと語って頂きます.

  • 時間:09:00〜18:00 の予定
  • 内容: SCALE 特集
  • 講師: TBA (理研 R-CCS 複合系気候科学研究チームの皆様)
  • 現時点で予定されているプログラムは以下の通りです.
    • SCALE の概観、思想、研究紹介 (1 時間程度)
    • SCALE hands-on チュートリアル (2 ~ 3 時間)
    • SCALE 詳細解説 (2 ~ 3 時間)
  • なお, 終了後に懇親会も企画しております.

「SCALE hands-on チュートリアル」では, 参加者の手元で MPI, Fortran (>= 95), NetCDF が動作することを前提として 話が進みます. 参加される方は, 事前に準備をお願いします.

3/29 dcmodel/davis チュートリアル

ノートPC持ち込みによる実習です.

午前 (9:00 開始)

  • 本実習で使用する仮想環境について(佐々木: 30分程度)
  • Ruby, GPhys による地球流体データの解析・可視化のチュートリアル(堀之内: 2時間程度) (チュートリアル資料)

午後 (13:00 開始)

参加申し込み

以下から申し込みをお願いいたします. 特に期限は設けておりませんが, 部屋の大きさの制限により受付を終了することがあります.

  • 申し込み Web ページ
    • CPS アカウントをお持ちの方
      • <URL:https://www.cps-jp.org/> からログインし、右のメニューの会議開催案内「地球流体データ解析・数値計算ワークショップ 2018」から申し込みをお願いいたします.
    • CPS アカウントをお持ちでない方

Top へ